村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

北関東紅葉ドライブ(前) 丸沼,金精峠,日光湯元と湯ノ湖

2015.10.31

北関東紅葉ドライブ(前) 丸沼,金精峠,日光湯元と湯ノ湖 はコメントを受け付けていません。

旅行日:平成27年10月23日
 この日は沼田IC~金精峠~奥日光~足尾~伊勢崎~本庄児玉ICというルートでドライブをしてきました。
 お相手はでーひらさん。昨年度はかなりの頻度で出掛けていましたが,彼の方が仕事の部署替えで忙しくなったらしく,今年度はめっきり減少気味。月に1回は食事や飲みに行っていますが,遠出するのは5月に山梨県・長野県を訪れて以来となりました。

 6時に出発し,6:50に彼の家の近くでピックアップ。
 相模原ICから圏央道,関越道を北上。あっという間に群馬県に入ります。二日前までは晴れの予報が出ていましたが,裏切られて雲が空を覆っています。
 9時ごろに沼田ICを出て,朝食。やや肌寒く,路面は濡れています。もう降らなければいいのですが…。

 まずは片品川の平出ダムへ。国道が通る平坦面から河岸段丘を2段を下るのですが,その深いこと。
 小さな管理事務所でダムカードを手に入れ,堰堤上の道を進みます。狭い上にカーブしているトンネルを抜け,ダムの上に出ると,さらに狭隘。慎重に進みましたが,クルマについているコーナーセンサーが鳴りっぱなしでした。
D_Hiraide.jpg
(でーひらさん撮影)

 道の広がったところにクルマを置き,見学へ。ダム湖は靄にけぶっています。紅葉は色づき程度。
IMG_7848.jpg

 下流方向は水を取られた峡谷。片品川の狭窄部にダムがあることが判ります。
IMG_7850.jpg

 そして改めて見て狭い路。両手を広げた長さが身長とほぼ同じらしいので,手を広げてみたところ,2メートル弱といったところでした。私のクルマは全幅約1.7メートル,道理でギリギリな訳です。
IMG_7849_201510281702372a5.jpg

 国道120号で片品川を遡っていきます。一旦川と離れる椎坂峠には新道が開通していました。2年前に紅葉を見に来たときは,ギリギリ開通間際でした。
 吹割の滝は2年前にも見ているので通過し,片品村へ。山々の色づきが増すとともに空が明るくなってきました。
 停まるにいいところがなくて走り続けましたが,片品村の中心鎌田に立派な橋を見つけ,すかさず寄り道。
 鎌田では沼田から一つの道を共有してきた国道120号と401号が分岐しています。この橋は401号の尾瀬大橋で,この先は尾瀬へと通じています。
IMG_7854_20151028170236791.jpg

 橋の下は片品川支流の小川の大滝調整池。常緑樹が目立ちますが,その間を埋める紅葉,黄葉は丁度いい具合になってきました。標高は約800メートル。
IMG_7859_20151028170235a00.jpg

 細くなりゆく小川沿いに標高を稼ぎ,丸沼高原のスキー施設を過ぎると,左手に大尻沼,そして丸沼が見えてきます。湖畔へ分岐する道があって,丸沼温泉へと通じています。色づいた木々の間から沼が垣間見えます。
IMG_7861_201510281730349a2.jpg

 温泉の隣の駐車場に停め,湖畔を散策。丸沼は自然湖ですが,現在は出口にダムがあり,その建設によって貯水量が上昇しています。
 湖畔に立ち枯れた木が屹立。水位が上がったために水に浸かってしまったのでしょうか。そういう樹木は何本か見られました。
IMG_7863_20151028173034b47.jpg

 案内板の上には誰が置き忘れたアヒルのおもちゃ。撮れと言わんばかりです。
IMG_7864.jpg

 丸沼高原を過ぎると,金精峠への本格的な登りにかかります。峠はトンネルで,その入り口付近で標高1,860メートルに達します。沿道のカラマツはすっかり葉を落とし,その下を埋める一面のクマザサが初雪を待つばかり。峠附近は冬季閉鎖されます。

 長さ755メートルの金精トンネルを抜けると,栃木県。男体山が姿を現しました。
IMG_7869.jpg

 振り返れば,温泉ケ岳(ゆせんがたけ)の屏風のような岩壁。浅い谷は崩れに崩れ,それを食い止める砂防の苦労がしのばれます。
 それにしても見事な青空。きょうは雨男と一緒である上,終日曇りの予報が出ていたので,嬉しいことこの上ないです。
IMG_7871.jpg

 少し下ったところにも駐車スペースがあり,ここからは男体山の全容を眺めることができました。下方の湖は湯ノ湖,その湖畔の建物が集まっているのは湯元温泉です。今からあそこまで下っていきます。
IMG_7875.jpg

 振り返れば金精山西面の笈吊岩が峩々と聳えています。その中腹で国道が九十九折を繰り返していて,カラマツの紅葉も相俟ってなかなか素晴らしい道路風景でした。
IMG_7876.jpg

 そして,標高にして400メートルほど下り,日光湯元温泉へ。入浴にはまだ早い時間なので,周辺を散策します。割と広い無料駐車場が用意されていましたが,ほぼ満車で,停める場所を探すのに苦労しました。平日でこれでは,土休日は大変でしょう。
 硫黄の臭いが漂う温泉街の裏手は湿地帯の湯ノ平湿原になっていて,ススキが穂を伸ばしています。後ろは前白根山でしょうか。
IMG_7878.jpg

 湯ノ平湿原の一郭には温泉が湧いており,淡い水色をした水溜まりの底から気泡が上がっていました。
 点在する小屋も源泉で,ここから各温泉旅館へと引き湯されています。
IMG_7881_20151028174749826.jpg

 秋の湿原は寂しいだけかと思っていましたが,枯れきらない黄色と後ろの山の色が…もう一週間くらい前がピークだったのかも。
IMG_7884.jpg

 戻る途中,白ネコを発見。初めは警戒した様子でしたが,心を許したのかくつろいだ様子を見せ,ゴロゴロ転がってクルマの下へと消えていきました。
IMG_7886.jpg

 湖畔のレストハウスでソフトクリームを食べるべく,訪れたのですが,ポスターにスジャータと書いてあったので止めにしました。見てる人は見ていますよ。

 湯ノ湖は火山噴火による堰止湖で,堰き止めた熔岩を噴出したのは背後の三岳とされています。ピークは写真よりやや左側なので,写っていません…。
 周辺の木々もあらかた葉を落とし,僅かに赤や黄が混じる程度になっていました。
IMG_7889.jpg

 陽当たりの関係か,斜面のカラマツが紅葉している一郭を発見。針葉樹が湖に迫り出しているところは兎島と呼ばれていますが,陸続きになっています。
 そして何故か私のポートレートに挑戦しだすでーひらさん
IMG_7890_20151029230408401.jpg

 堰き止められた湯ノ湖の“高さ”は湯滝によって一気に解放されます。
 国道を下り,川の方に折り返すように曲がると,駐車場がありました。ここは有料で,普通車500円。

 駐車料金に対する不満を言っていたでーひらさんでしたが,滝が見えた瞬間,態度が一変しました。
IMG_7891.jpg

 湯滝の高さは約70メートル,長さ約110メートル。角度が絶妙なようで,滝壺が深くなっていないのが特徴的でした。滝壺に近づくこともできますが,滝の全景は木々に遮られてしまいます。やはり正面の観瀑台から眺めるのが美しいようです。
 例によってシャッター速度を落として写してみましたが,ちょっと露出オーバー気味になってしまいました。
IMG_7895.jpg
 次回はさらに下っていきます。
次の記事 

村崎一徳について
わたくし村崎一徳は、
お寺やお城、神社、昔の住宅、教会、宮殿、寺院、修道院、御所、駅、駅舎、公園、庭園、空港、劇場、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場、ホテル・旅館、工場、下宿・寄宿舎、倉庫、博物館・美術館・図書館などの建造物や工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化財など歴史がある物が大好きなわたくし村崎一徳がデジカメ片手に全国を旅しながら写真を紹介しています。
古く歴史を感じることが大好きなわたくし村崎一徳は奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、戦国時代、江戸時代、幕末、明治時代、大正時代、昭和時代までいろいろな時代のものを散策しています。
北は北海道から南は沖縄まで色んな観光地を訪ねながら、風景や建造物の写真を紹介中です。主に関東圏をまわっていますが、お金と時間に余裕がある時は気合い入れて遠出しています。 これまで行った場所は・・・
函館の夜景、小樽運河、知床五湖、金森赤レンガ倉庫群、五稜郭跡、摩周湖、襟裳岬、札幌時計台、十和田湖、小岩井農場、盛岡、鳴子温泉、角館町 武家屋敷、全国花火競技大会、銀山温泉、川越「時の鐘」、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、靖国神社、秋葉原電気街、新宿御苑、明治神宮、昭和記念公園、三鷹の森ジブリ美術館、浅草寺、浅草周辺、葛西臨海水族園、東京国立博物館、恩賜上野動物園、上野東照宮、山形県最上郡の堺田分水嶺、東京タワー、東京スカイツリー、アメ屋横丁、横須賀三笠公園、戦艦三笠、横浜氷川丸、中華街、元町、上野東照宮、日光東照宮、鎌倉大仏、箱根関所跡、箱根登山鉄道、箱根海賊船、箱根湯本、小田原城、江戸城、小江戸川越、鶴岡八幡宮、鎌倉五山、善光寺、川中島古戦場、松本城、旧中山道、南木曽町、妻籠宿、馬籠宿、松本城、名古屋テレビ塔、東山動植物園、熱海温泉、伊東温泉、富士山、鹿苑寺(金閣寺)、三千院、慈照寺(銀閣寺)、八坂神社、大徳寺、南禅寺、祇園新橋、妻籠宿本陣、馬籠諏訪神社、戦艦陸奥、自由の女神、お台場、熊谷家住宅、建長寺、長谷寺、船の科学館、真如堂、知恩院、鞍馬寺、平安神宮、太秦映画村、清水寺、三十三間堂(蓮華王院)、東福寺、北野天満宮、産寧坂(三年坂)、龍安寺、妙心寺、渡月橋、二条城、京都タワー、教王護国寺(東寺)、伏見稲荷大社、宇治橋、平等院鳳凰堂、東大寺、奈良公園、興福寺、唐招提寺、法隆寺(斑鳩寺)、唐招提寺、原爆ドーム、厳島神社、岡山城、後楽園、瀬戸大橋、萩市、熊本城、本妙寺、細川刑部邸、岩国城、長門峡、関門橋、小倉城、スペースワールド、太宰府天満宮、博多どんたく、吉野ヶ里遺跡、唐津城 (舞鶴公園)、聖フランシスコザビエル記念聖堂、ハウステンボス、オランダ村、黒島天主堂、島原城、平和公園、グラバー園、長崎原爆資料館、浦上天主堂、八千代座、通潤橋、水前寺公園、阿蘇山、阿蘇火山博物館、阿蘇カルデラ、阿蘇大観峰、肥後本妙寺、火の国祭り、頓写会、阿蘇草千里、二の丸公園、別府温泉、湯布院、桜島、西郷隆盛銅像、美ら海水族館、琉球村、首里城公園、ひめゆりの塔、平和記念公園、座間味島、那覇、国際通り、海軍壕、那覇空港、万座岬、ホエールウォッチング・・・などなどです。
わたくし村崎一徳は他にもどんどん行く予定です。
ただ、全部は回れないので、他の旅人さんの情報をまとめたこのサイトを作る事で全国を旅した気分になれるようなそんなまとめサイトを目指したいと思います。決して著作権を侵害する目邸ではありません。 できえば他のブロガーさんや旅人が足を運ばないような、あまり知られていないマイナーな場所にも足を運びたいと考えています。
個人的に今興味があるのは戦前、戦中の数少ない遺跡などが見たいと思います。そういうスポットでおすすめとろこなんていうのがあれば情報交換とかもしたいですね。そういう意味でもコメントなども随時受け付けています。村崎一徳と一緒に地方のマイナーなスポットを盛り上げましょうww
よろしくお願いします。

関連記事

コメントは利用できません。

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング