村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

木造天守閣で天下取った気分だよ! / 宮城県白石市 白石城

2015.09.28

木造天守閣で天下取った気分だよ! / 宮城県白石市 白石城 はコメントを受け付けていません。

最近、書くネタも尽きてきたので、広告が入らない程度に
月1回ペースで更新してきましたが、
おととい更新した内容が、たびねす掲載の宣伝告知だけで
申し訳ないので、中2日で更新することにしました。



以前、ブログにて京都 伏見城に行った気分になれる城として、
小田原城について書きました。
伏見城小田原城も復元されたお城であり、
何よりコンクリートでできていることが、どうにもガッカリ感
醸し出してしまうのであります。

詳しくは
桜満開! エースになれないコンクリ城 / 小田原市 小田原城



城アップ
小田原城



復元城であっても、テンションを上げてくれるお城を探しました。
見つけました。



その城は、宮城県白石市にある白石城



白石城は、白石市の中心部にある平山城。
仙台藩伊達氏の支城として用いられ、江戸幕府の一国一城制の対象外として
特別に認められた城なのです。

3重3階の天守閣を持ちながらも幕府への配慮から天守閣と名乗るのをはばかり、
大櫓と名乗った奥ゆかしい城なのであります。

ヤッパシ、番長の前では、下っ端の不良
リーゼントの盛りを控えめにするのであります。




DSC_1648_convert_20150920223344.jpg
宮城県白石市 白石城



白石城は1600年に伊達領となり、関ケ原の戦い以降は、
伊達家の重臣である片倉小十郎により大改修がなされ、
明治維新まで260余年間片倉氏の居城になったのであります。
明治初頭の廃城令により建物は破却されましたが、1995年
天守閣・大手一ノ門・大手二ノ門が復元されたのです。


門
大手二ノ門




3重3階の天守閣とは、ショボイじゃないの?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、バカにしてはいけないのです。
白石城の凄いところは、なんと木造で復元されているのです。
住友林業もビックリ!新築そっくりさんなのです。
日本でも数か所しかない、貴重な復元木造なのです。




城2
木造で復元されているのです



白石城は、柱にヒノキ、床にヒバを使用したゴージャスな仕様。
やっぱしコンクリ城とは、趣が違うのであります。
現在13メートルを超える木造建築を建てることが禁じられていますが、建設大臣の認定を得て、
特別に建てることが許されたのであります。




城内
ヒノキ・ヒバをふんだんに使った城内




天守閣の一階は、片倉家の甲冑とともに真田家の赤備えの甲冑
展示されています。
真田幸村は、大阪夏の陣
二人の娘と一人の息子を敵方の片倉小十郎に託していたのでありました。
そして子孫はやがて仙台真田家を名乗るようになったのであります。
片倉小十郎は、敵将にも見込まれる男気のある武将だったのであります。




鎧
真田家の甲冑も展示中なのです




白石城の天守閣は、創建当時の建物を忠実に再現。
そのため、階段は容赦なく急階段。踏み板の幅も狭く、
現代人の足では収まりきらず、踵がはみ出してしまいます。
観光客のことなどお構いなし
もちろんエレベータなんてものは、存在しないのであります。



急階段を上りきった三階に出ると白石市内を見渡すことができ、
遠くに蔵王も見ることができます。
開け放たれた窓から吹き込む風が心地よく、
ほのかに檜の香りが感じられるような気がします。
木造の天守閣では、
コンクリ城のようなカビ臭い風は吹いてこないのであります。

この天守閣に上れば、その解放感から植木 等のように
何だか知らないが、天下取った気分だよ~!
と歌いたくなってしまうのであります。
もちろんココには、喫茶コーナー
メダル刻印機なんてものもないのであります。




天守
天守閣三階



白石城には、歴史探訪ミュージアムが併設されています。
3階には、田舎町に似つかない3Dハイビジョン・シアターがあります。
入場すると3Dメガネを渡され、
観光客はブルース・ブラザース化してしまうのであります。
太っちょの方は、
ジョン・ベルーシじゃね。と言われる覚悟をしなければならないのであります。


自分が訪れた時には、「鬼小十郎帰るには及ばず」を上映していました。
眉間を突いてくる槍を避けながら、
片倉小十郎真田幸村のエピソードを学ぶことが出来るのであります。

映画には、大物ハリウッド俳優 渡辺 謙がナビゲーターとして出演していました。
独眼流正宗に主演した直後の渡辺 謙は髪の毛フサフサ
「王様と私」感は微塵も感じさせないのであります。




パンフ
白石城パンフレット



歴史探訪ミュージアム1階のお土産屋には、
やはりお城にふさわしく、多くの名城グッズが売っています。
ついつい自分も2点ほど購入してしまったのであります。



ひとつは日本の名城双六

五稜郭からはじまり、上りの首里城まで、
サイコロを振るだけで全国60の名城を巡ることが出来る、
やはり吉田栄作の父親に教えたくなる逸品なのであります。




双六2
日本の名城双六



使われる駒も、武将の家紋になっており、戦国武将気分
天下取りを目指すことが出来るのです。

35マス目は大阪城。メジャーなお城と喜んでいると
豊臣秀吉の天下取りの拠点になるが、大阪夏の陣で炎上。
振り出しへ戻る。

と、この双六最大のトラップが待ち受けているのです。
ヤッパシ、簡単に天下は取れないのであります。




駒

上がり
城巡りをした達成感



もうひとつは、とく問?カード「日本の名城」
懐かしい単語カード形式になっており、
表に3つのヒント、裏に答えと解説が書いてあるのであります。

このとく問?カードさえ持っていれば、場所を選ばず、
通勤・通学の電車の中でも名城のことを学ぶことが出来るのです。

さらに電車の中で痴漢の疑いをかけられた時にも
このとく問?カードを取り出し、名城の勉強をしていました、と証言すれば、
女子高生も痴漢以上に危ない人と引いていくこと間違いなしなのであります。


白石城は名城グッズの宝庫なのであります。



とく問カード

とく問カード3
とく問?カード




白石城は日本有数の貴重な復元木造
他に何もないところなので、何かのついでに訪れるということもないと思いますが、
何かに傷つき、みちのくひとり旅を考えている方には、
ぜひ訪れて頂きたいのであります。
そして、天下取った気分になって
帰ってきていただきたいのであります。
そして、もし行かれる方がいらっしゃいましたら、白石温麺(ウーメン)
食べることを忘れてはならないのであります。




村崎一徳について
わたくし村崎一徳は、
お寺やお城、神社、昔の住宅、教会、宮殿、寺院、修道院、御所、駅、駅舎、公園、庭園、空港、劇場、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場、ホテル・旅館、工場、下宿・寄宿舎、倉庫、博物館・美術館・図書館などの建造物や工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化財など歴史がある物が大好きなわたくし村崎一徳がデジカメ片手に全国を旅しながら写真を紹介しています。
古く歴史を感じることが大好きなわたくし村崎一徳は奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、戦国時代、江戸時代、幕末、明治時代、大正時代、昭和時代までいろいろな時代のものを散策しています。
北は北海道から南は沖縄まで色んな観光地を訪ねながら、風景や建造物の写真を紹介中です。主に関東圏をまわっていますが、お金と時間に余裕がある時は気合い入れて遠出しています。 これまで行った場所は・・・
函館の夜景、小樽運河、知床五湖、金森赤レンガ倉庫群、五稜郭跡、摩周湖、襟裳岬、札幌時計台、十和田湖、小岩井農場、盛岡、鳴子温泉、角館町 武家屋敷、全国花火競技大会、銀山温泉、川越「時の鐘」、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、靖国神社、秋葉原電気街、新宿御苑、明治神宮、昭和記念公園、三鷹の森ジブリ美術館、浅草寺、浅草周辺、葛西臨海水族園、東京国立博物館、恩賜上野動物園、上野東照宮、山形県最上郡の堺田分水嶺、東京タワー、東京スカイツリー、アメ屋横丁、横須賀三笠公園、戦艦三笠、横浜氷川丸、中華街、元町、上野東照宮、日光東照宮、鎌倉大仏、箱根関所跡、箱根登山鉄道、箱根海賊船、箱根湯本、小田原城、江戸城、小江戸川越、鶴岡八幡宮、鎌倉五山、善光寺、川中島古戦場、松本城、旧中山道、南木曽町、妻籠宿、馬籠宿、松本城、名古屋テレビ塔、東山動植物園、熱海温泉、伊東温泉、富士山、鹿苑寺(金閣寺)、三千院、慈照寺(銀閣寺)、八坂神社、大徳寺、南禅寺、祇園新橋、妻籠宿本陣、馬籠諏訪神社、戦艦陸奥、自由の女神、お台場、熊谷家住宅、建長寺、長谷寺、船の科学館、真如堂、知恩院、鞍馬寺、平安神宮、太秦映画村、清水寺、三十三間堂(蓮華王院)、東福寺、北野天満宮、産寧坂(三年坂)、龍安寺、妙心寺、渡月橋、二条城、京都タワー、教王護国寺(東寺)、伏見稲荷大社、宇治橋、平等院鳳凰堂、東大寺、奈良公園、興福寺、唐招提寺、法隆寺(斑鳩寺)、唐招提寺、原爆ドーム、厳島神社、岡山城、後楽園、瀬戸大橋、萩市、熊本城、本妙寺、細川刑部邸、岩国城、長門峡、関門橋、小倉城、スペースワールド、太宰府天満宮、博多どんたく、吉野ヶ里遺跡、唐津城 (舞鶴公園)、聖フランシスコザビエル記念聖堂、ハウステンボス、オランダ村、黒島天主堂、島原城、平和公園、グラバー園、長崎原爆資料館、浦上天主堂、八千代座、通潤橋、水前寺公園、阿蘇山、阿蘇火山博物館、阿蘇カルデラ、阿蘇大観峰、肥後本妙寺、火の国祭り、頓写会、阿蘇草千里、二の丸公園、別府温泉、湯布院、桜島、西郷隆盛銅像、美ら海水族館、琉球村、首里城公園、ひめゆりの塔、平和記念公園、座間味島、那覇、国際通り、海軍壕、那覇空港、万座岬、ホエールウォッチング・・・などなどです。
わたくし村崎一徳は他にもどんどん行く予定です。
ただ、全部は回れないので、他の旅人さんの情報をまとめたこのサイトを作る事で全国を旅した気分になれるようなそんなまとめサイトを目指したいと思います。決して著作権を侵害する目邸ではありません。 できえば他のブロガーさんや旅人が足を運ばないような、あまり知られていないマイナーな場所にも足を運びたいと考えています。
個人的に今興味があるのは戦前、戦中の数少ない遺跡などが見たいと思います。そういうスポットでおすすめとろこなんていうのがあれば情報交換とかもしたいですね。そういう意味でもコメントなども随時受け付けています。村崎一徳と一緒に地方のマイナーなスポットを盛り上げましょうww
よろしくお願いします。

関連記事

コメントは利用できません。

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング