別表神社=(神社本庁指定)
特別神社=(神社庁指定)

八 重 垣 神 社 御 由 緒

島根県松江市佐草町二二七番地
電 話(〇八五二)二一-一一四八
FAX(〇八五二)二一-九一五六




御祭神素蓋鳴尊=御子神大国主命
・・・・稲田姫命・・・・・・青幡佐久佐日古命(佐草宮司先祖神)

出雲国 縁結びの大親神

御神徳縁結びの大神災難除の大神
・・・・夫婦和合の大神厄難除の大神
・・・・家内安全の大神交通安全の大神
・・・・授児安産の大神悪病退除の大神




・・八重垣神社説明概要

縁結の御神徳

「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい。」
という歌は、出雲においては最も古い民謡の一節で、八岐大蛇退治で、名高い高天原第一の英雄、素蓋鳴尊と国の乙女の花とうたわれた、稲田姫命との結婚物語の神話にゆかりの最も深いのが出雲の縁結びの大神として知られる八重垣神社で、御祭神も素蓋鳴尊と御妃、稲田姫命の御夫婦が御まつりしてあります。
大国主命の親神様であります。

素蓋鳴尊が出雲の斐の川上に、こられた時、稲田姫を中に老夫婦(脚摩乳、手摩乳)が泣いておられる様を御覧になって、その理由を御聞きになり、悪者、八岐大蛇を退治して稲田姫を御救いなされたのであります。
この時素蓋鳴尊は、稲田姫を斐の川上から、七里を去った佐草の郷、佐久佐女の森(現境内、奥の院、鏡の池のある森、小泉八雲は神秘の森と称しておる)の大杉を中心に八重垣を造って姫を御隠しなされ、八岐大蛇を御退治になつてから、御両親の脚摩乳.手摩乳の御許しを得て、
「いざさらばいざさらば 連れて帰らむ佐草の郷に」
という、出雲神楽歌にもある通り佐草の地に宮造りされて
「八雲立つ出雲八重垣妻込めに、八重垣造る、その八重垣を」
という妻をめとった喜びの歌をうたわれて御夫婦の宮居とされ、縁結びの道をおひらきになったのであります。
即ち (あま)つ 神 (素蓋鳴尊)、(くに)つ 神 (稲田姫命)の二方が脚摩乳、手摩乳の承諾を得られた、正式結婚の初めの大神で出雲の縁結びの大神として、本家、本元の大祖神様であります。

「わすれしゃんすな八重垣様に、縁を結んだそのはじめ」
と、古くから民俗信仰の厚い古社であり名社であります。


・/奥の院、佐久佐女の森、(神秘の森)

本殿の後方に奥の院、佐久佐女の森がある。
そこは稲田姫命が八岐大蛇の難を御避けなさった場所の中心地で、その森の大杉(今は其の跡が保存してある)を中心に周囲に八重垣を造って御避難されたといわれます。
八重垣とは、大垣、中垣、万垣、西垣、万定垣、北垣、袖垣、秘弥垣という八つの垣で今も尚その垣の名が山の上や中腹、田の中等に地名が残っております。
小泉八雲は神秘の森と称し、知られぬ日本の面影にくわしくのべております。
この森は、出雲小唄の
「出雲八重垣妻込め所、いとし女の置き所」
と歌っています。




・/鏡 の 池 (縁結占の池)

美容調整の御神徳

出雲八重垣鏡の池に、写す二人の晴姿」

この池は稲田姫命が八岐大蛇の難をさけるため、森の大杉を中心に八重垣を造って御避難中日々の飲料水とし、又御姿を御写しなされた池で姿見の池、鏡の池という。
稲田姫が美容調整された池で神秘的な池である。
こんこんと湧き出る清水は昔ながらの面影をしのばせ、稲田姫命の御霊魂が深く濠透しておるので縁結びの占の池として紙片に硬貨をのせ縁の遅速を占い早く沈めぼ良縁早く、おそく沈むと縁がおそいといわれています。

人の運勢は縁組の善悪によって一大転換をなすものですから御祭神の縁組が御栄えなさったように御神徳の広大な出雲の縁結びの本家、本元の大祖神である八重垣の大神を尊信して、良縁を得られ、二人の晴れ姿を、この神秘の森、鏡の池に写され、末永く御加護を受けて御繁栄されますよう念願いたします。

池や附近の地帯は古代文化埋蔵地帯として国家より指定されています。


・/夫 婦 杉

「神の御前で千年を契り、注縄もはなれぬ夫婦杉」
昔稲田姫命がこの森の大杉を中心に八重垣を造って身を御隠しなされたという故事にちなんだ神社随一の古伝祭である身隠祭が五月三日夕闇せまる頃、この夫婦杉に神幸祭が執り行たわれます。


・/連 理 玉 椿

「出雲八重垣、祈願をこめて、末は連理の玉椿」
連理玉椿(夫婦椿ともいう)は昔稲田姫命が二本の椿の枝を御立てになられた。
それが芽を吹き出し一身同体、愛の象徴として神聖視されるようになり、木が枯れても境内には二股の椿が発生すると伝えられ、現在境内に三本の夫婦椿があります。
年により二葉の葉も現れることもあります。
東京資生堂の花椿会は此の玉椿の名木を神聖視し、発展されておりここにも美容調整の御神徳があります。




・/壁    画

元、本殿内の壁画は寛平5年8月、国庁の御造営の際(宇多天皇)本殿胴板に描かれた壁画で巨勢金岡の筆と伝えられ、古色蒼然、雄潭な筆力は、日本神社建築史上類例のない壁画と推賞され、国家より重要文化財の指定を受け、我国絵画史上最も貴重なものとされています。
壁画の板は鉋の無い時代に槍鉋を用いて板を削り、白色塗料は胡粉が支那から伝わらない時代で白土を用いて塗り(名古屋大学で化学分析の結果、白土と決定、白土とは五六万年前、火山灰のケイソードから出来たものとされている)その白土の上に描かれたもので約一,一〇〇年前のものである。
この壁画は素蓋鳴尊、稲田姫命、天照大神、市杵嶋姫命、脚摩乳命、手摩乳命の六神像が描かれ、類例のない壁画で昭和四一年九月御本殿より美術院国宝修理所長西村公朝氏以下技術官数名が来社して修理され安全な宝物収蔵庫に移されたもので専門家、拝観者の絶賛の的となっています。


・/神社創立と朝廷、国司、藩主の崇敬

神社の創立は遠く太古でありまして、素盞鳴尊が八岐大蛇を御退治後、須賀の里より更に姫命の御避難地であった佐草の現在地に宮造りされ
「八雲立つ出雲八重垣、妻込めに、八重垣造る、その八重垣を」
との御歌の八重垣をとって八重垣の宮とされ、此処で御夫婦生活を始められた所であり我国の縁結びの大祖神、家庭和楽、子孫繁栄の大神、和歌の祖神とし、又一面災難除け、国家鎮護の守護神として、第六十四代円融天皇の御代には全国に三十の社を選定され三十番神と称して崇敬されました。
山陰道では当社と出雲大社の二社で御由緒、御神徳高い神国出雲の名社であります。
また御神階も四回昇叙の社は出雲では出雲大社、熊野大社、当社の三社で他に類例のない格別の社で白河天皇、承暦四年六月社司に中祓の儀を命ぜられる等、朝廷の御崇敬社で爾来出雲国司代々神領を寄進され、神主、佐草家以下三十三人の下社家、神宮寺、宮大工、宮そま、宮百姓等数十人奉仕し社頭の宏大、結構、近郷に比類なしと当時の古書「懐橘談」にも記されています。
又松平藩主名残りの参拝社も当社と出雲大社、域山稲荷神社の三社で分霊を東京麻布の別邸に奉斎されたことや、吉川広家、富田の月山域に入域され、杵築大社と当社の二社に治国平天下、子孫繁栄の祈願をされ、大社へは銅鳥居、当社へは金覆輸の鞍置いた聡馬の寄進があった等、藩主武将の崇敬が他社と異っていた事が知られます。
従って朝廷、国司、藩主、武門武将よりの奉納された御社宝も相当あります。




・/狛    犬

境内狛犬は製作年代が明らかではありませんが古色蒼然として且つ傑作で、考古学老の嘆称されますもので日本内地にこの種二個現存しているその内の一個といわれております。


・/石 碑 二 個

「木枯や神のみゆきの山の跡」・・松平雪川公献碑
「和歌の跡とふや出雲の八重霞」芭蕉句碑


・/百 穴 地 帯

神社より東方二百メートル向いの山は百穴地帯と称し考古学者の調査によると二百余りの穴居の跡があり、太古における一大集団地帯で、この地方が太古から中世における民俗、政治、文化の発祥の中心地であったものとされております。



以上です。
ご参照くださいませ。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~
人気ブログランキング / にほんブログ村 / FC2 Blog Ranking

" />

村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

[補足] 八重垣神社御由緒~初夏出雲行(31)

2016.01.21

[補足] 八重垣神社御由緒~初夏出雲行(31) はコメントを受け付けていません。


さて今回、予定を変更して掲題の件をお伝えしたいと思います。

実は、次の神魂神社の記事を書こうと準備していた際、どうにも情報が足らなくてネット上をウロウロしていると、神魂神社には「参拝の栞」があった筈と分かり、もしかしたら貰っていたかもと手持ちの資料をひっくり返し探してみました。

すると、肝心の神魂神社「参拝の栞」はなかったのですが、その代わりに「八重垣神社御由緒」が見つかりました~。
いつもながら資料の整理がズサンで、読みもしないまま忘れていましたからパラパラっと見てみますと、なかなか詳しい説明がされて興味深く、八重垣神社境内の由来記にあり分からなかった「八重垣連山(百穴)」の説明も載っていましたので、チョットしくじった気分です(苦笑)

そこで急遽ですけれど、先にこの「八重垣神社御由緒」を補足して、ヘタな抜粋をせず丸ごと引用させて頂きたいと思います。
なお文字組は、読みやすいよう少し変更してみました。




別表神社=(神社本庁指定)
特別神社=(神社庁指定)

八 重 垣 神 社 御 由 緒

島根県松江市佐草町二二七番地
電 話(〇八五二)二一-一一四八
FAX(〇八五二)二一-九一五六




御祭神素蓋鳴尊=御子神大国主命
・・・・稲田姫命・・・・・・青幡佐久佐日古命(佐草宮司先祖神)

出雲国 縁結びの大親神

御神徳縁結びの大神災難除の大神
・・・・夫婦和合の大神厄難除の大神
・・・・家内安全の大神交通安全の大神
・・・・授児安産の大神悪病退除の大神




・・八重垣神社説明概要

縁結の御神徳

「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい。」
という歌は、出雲においては最も古い民謡の一節で、八岐大蛇退治で、名高い高天原第一の英雄、素蓋鳴尊と国の乙女の花とうたわれた、稲田姫命との結婚物語の神話にゆかりの最も深いのが出雲の縁結びの大神として知られる八重垣神社で、御祭神も素蓋鳴尊と御妃、稲田姫命の御夫婦が御まつりしてあります。
大国主命の親神様であります。

素蓋鳴尊が出雲の斐の川上に、こられた時、稲田姫を中に老夫婦(脚摩乳、手摩乳)が泣いておられる様を御覧になって、その理由を御聞きになり、悪者、八岐大蛇を退治して稲田姫を御救いなされたのであります。
この時素蓋鳴尊は、稲田姫を斐の川上から、七里を去った佐草の郷、佐久佐女の森(現境内、奥の院、鏡の池のある森、小泉八雲は神秘の森と称しておる)の大杉を中心に八重垣を造って姫を御隠しなされ、八岐大蛇を御退治になつてから、御両親の脚摩乳.手摩乳の御許しを得て、
「いざさらばいざさらば 連れて帰らむ佐草の郷に」
という、出雲神楽歌にもある通り佐草の地に宮造りされて
「八雲立つ出雲八重垣妻込めに、八重垣造る、その八重垣を」
という妻をめとった喜びの歌をうたわれて御夫婦の宮居とされ、縁結びの道をおひらきになったのであります。
即ち (あま)つ 神 (素蓋鳴尊)、(くに)つ 神 (稲田姫命)の二方が脚摩乳、手摩乳の承諾を得られた、正式結婚の初めの大神で出雲の縁結びの大神として、本家、本元の大祖神様であります。

「わすれしゃんすな八重垣様に、縁を結んだそのはじめ」
と、古くから民俗信仰の厚い古社であり名社であります。


・/奥の院、佐久佐女の森、(神秘の森)

本殿の後方に奥の院、佐久佐女の森がある。
そこは稲田姫命が八岐大蛇の難を御避けなさった場所の中心地で、その森の大杉(今は其の跡が保存してある)を中心に周囲に八重垣を造って御避難されたといわれます。
八重垣とは、大垣、中垣、万垣、西垣、万定垣、北垣、袖垣、秘弥垣という八つの垣で今も尚その垣の名が山の上や中腹、田の中等に地名が残っております。
小泉八雲は神秘の森と称し、知られぬ日本の面影にくわしくのべております。
この森は、出雲小唄の
「出雲八重垣妻込め所、いとし女の置き所」
と歌っています。




・/鏡 の 池 (縁結占の池)

美容調整の御神徳

出雲八重垣鏡の池に、写す二人の晴姿」

この池は稲田姫命が八岐大蛇の難をさけるため、森の大杉を中心に八重垣を造って御避難中日々の飲料水とし、又御姿を御写しなされた池で姿見の池、鏡の池という。
稲田姫が美容調整された池で神秘的な池である。
こんこんと湧き出る清水は昔ながらの面影をしのばせ、稲田姫命の御霊魂が深く濠透しておるので縁結びの占の池として紙片に硬貨をのせ縁の遅速を占い早く沈めぼ良縁早く、おそく沈むと縁がおそいといわれています。

人の運勢は縁組の善悪によって一大転換をなすものですから御祭神の縁組が御栄えなさったように御神徳の広大な出雲の縁結びの本家、本元の大祖神である八重垣の大神を尊信して、良縁を得られ、二人の晴れ姿を、この神秘の森、鏡の池に写され、末永く御加護を受けて御繁栄されますよう念願いたします。

池や附近の地帯は古代文化埋蔵地帯として国家より指定されています。


・/夫 婦 杉

「神の御前で千年を契り、注縄もはなれぬ夫婦杉」
昔稲田姫命がこの森の大杉を中心に八重垣を造って身を御隠しなされたという故事にちなんだ神社随一の古伝祭である身隠祭が五月三日夕闇せまる頃、この夫婦杉に神幸祭が執り行たわれます。


・/連 理 玉 椿

「出雲八重垣、祈願をこめて、末は連理の玉椿」
連理玉椿(夫婦椿ともいう)は昔稲田姫命が二本の椿の枝を御立てになられた。
それが芽を吹き出し一身同体、愛の象徴として神聖視されるようになり、木が枯れても境内には二股の椿が発生すると伝えられ、現在境内に三本の夫婦椿があります。
年により二葉の葉も現れることもあります。
東京資生堂の花椿会は此の玉椿の名木を神聖視し、発展されておりここにも美容調整の御神徳があります。




・/壁    画

元、本殿内の壁画は寛平5年8月、国庁の御造営の際(宇多天皇)本殿胴板に描かれた壁画で巨勢金岡の筆と伝えられ、古色蒼然、雄潭な筆力は、日本神社建築史上類例のない壁画と推賞され、国家より重要文化財の指定を受け、我国絵画史上最も貴重なものとされています。
壁画の板は鉋の無い時代に槍鉋を用いて板を削り、白色塗料は胡粉が支那から伝わらない時代で白土を用いて塗り(名古屋大学で化学分析の結果、白土と決定、白土とは五六万年前、火山灰のケイソードから出来たものとされている)その白土の上に描かれたもので約一,一〇〇年前のものである。
この壁画は素蓋鳴尊、稲田姫命、天照大神、市杵嶋姫命、脚摩乳命、手摩乳命の六神像が描かれ、類例のない壁画で昭和四一年九月御本殿より美術院国宝修理所長西村公朝氏以下技術官数名が来社して修理され安全な宝物収蔵庫に移されたもので専門家、拝観者の絶賛の的となっています。


・/神社創立と朝廷、国司、藩主の崇敬

神社の創立は遠く太古でありまして、素盞鳴尊が八岐大蛇を御退治後、須賀の里より更に姫命の御避難地であった佐草の現在地に宮造りされ
「八雲立つ出雲八重垣、妻込めに、八重垣造る、その八重垣を」
との御歌の八重垣をとって八重垣の宮とされ、此処で御夫婦生活を始められた所であり我国の縁結びの大祖神、家庭和楽、子孫繁栄の大神、和歌の祖神とし、又一面災難除け、国家鎮護の守護神として、第六十四代円融天皇の御代には全国に三十の社を選定され三十番神と称して崇敬されました。
山陰道では当社と出雲大社の二社で御由緒、御神徳高い神国出雲の名社であります。
また御神階も四回昇叙の社は出雲では出雲大社、熊野大社、当社の三社で他に類例のない格別の社で白河天皇、承暦四年六月社司に中祓の儀を命ぜられる等、朝廷の御崇敬社で爾来出雲国司代々神領を寄進され、神主、佐草家以下三十三人の下社家、神宮寺、宮大工、宮そま、宮百姓等数十人奉仕し社頭の宏大、結構、近郷に比類なしと当時の古書「懐橘談」にも記されています。
又松平藩主名残りの参拝社も当社と出雲大社、域山稲荷神社の三社で分霊を東京麻布の別邸に奉斎されたことや、吉川広家、富田の月山域に入域され、杵築大社と当社の二社に治国平天下、子孫繁栄の祈願をされ、大社へは銅鳥居、当社へは金覆輸の鞍置いた聡馬の寄進があった等、藩主武将の崇敬が他社と異っていた事が知られます。
従って朝廷、国司、藩主、武門武将よりの奉納された御社宝も相当あります。




・/狛    犬

境内狛犬は製作年代が明らかではありませんが古色蒼然として且つ傑作で、考古学老の嘆称されますもので日本内地にこの種二個現存しているその内の一個といわれております。


・/石 碑 二 個

「木枯や神のみゆきの山の跡」・・松平雪川公献碑
「和歌の跡とふや出雲の八重霞」芭蕉句碑


・/百 穴 地 帯

神社より東方二百メートル向いの山は百穴地帯と称し考古学者の調査によると二百余りの穴居の跡があり、太古における一大集団地帯で、この地方が太古から中世における民俗、政治、文化の発祥の中心地であったものとされております。



以上です。
ご参照くださいませ。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~



村崎一徳について
わたくし村崎一徳は、
お寺やお城、神社、昔の住宅、教会、宮殿、寺院、修道院、御所、駅、駅舎、公園、庭園、空港、劇場、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場、ホテル・旅館、工場、下宿・寄宿舎、倉庫、博物館・美術館・図書館などの建造物や工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化財など歴史がある物が大好きなわたくし村崎一徳がデジカメ片手に全国を旅しながら写真を紹介しています。
古く歴史を感じることが大好きなわたくし村崎一徳は奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、戦国時代、江戸時代、幕末、明治時代、大正時代、昭和時代までいろいろな時代のものを散策しています。
北は北海道から南は沖縄まで色んな観光地を訪ねながら、風景や建造物の写真を紹介中です。主に関東圏をまわっていますが、お金と時間に余裕がある時は気合い入れて遠出しています。 これまで行った場所は・・・
函館の夜景、小樽運河、知床五湖、金森赤レンガ倉庫群、五稜郭跡、摩周湖、襟裳岬、札幌時計台、十和田湖、小岩井農場、盛岡、鳴子温泉、角館町 武家屋敷、全国花火競技大会、銀山温泉、川越「時の鐘」、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、靖国神社、秋葉原電気街、新宿御苑、明治神宮、昭和記念公園、三鷹の森ジブリ美術館、浅草寺、浅草周辺、葛西臨海水族園、東京国立博物館、恩賜上野動物園、上野東照宮、山形県最上郡の堺田分水嶺、東京タワー、東京スカイツリー、アメ屋横丁、横須賀三笠公園、戦艦三笠、横浜氷川丸、中華街、元町、上野東照宮、日光東照宮、鎌倉大仏、箱根関所跡、箱根登山鉄道、箱根海賊船、箱根湯本、小田原城、江戸城、小江戸川越、鶴岡八幡宮、鎌倉五山、善光寺、川中島古戦場、松本城、旧中山道、南木曽町、妻籠宿、馬籠宿、松本城、名古屋テレビ塔、東山動植物園、熱海温泉、伊東温泉、富士山、鹿苑寺(金閣寺)、三千院、慈照寺(銀閣寺)、八坂神社、大徳寺、南禅寺、祇園新橋、妻籠宿本陣、馬籠諏訪神社、戦艦陸奥、自由の女神、お台場、熊谷家住宅、建長寺、長谷寺、船の科学館、真如堂、知恩院、鞍馬寺、平安神宮、太秦映画村、清水寺、三十三間堂(蓮華王院)、東福寺、北野天満宮、産寧坂(三年坂)、龍安寺、妙心寺、渡月橋、二条城、京都タワー、教王護国寺(東寺)、伏見稲荷大社、宇治橋、平等院鳳凰堂、東大寺、奈良公園、興福寺、唐招提寺、法隆寺(斑鳩寺)、唐招提寺、原爆ドーム、厳島神社、岡山城、後楽園、瀬戸大橋、萩市、熊本城、本妙寺、細川刑部邸、岩国城、長門峡、関門橋、小倉城、スペースワールド、太宰府天満宮、博多どんたく、吉野ヶ里遺跡、唐津城 (舞鶴公園)、聖フランシスコザビエル記念聖堂、ハウステンボス、オランダ村、黒島天主堂、島原城、平和公園、グラバー園、長崎原爆資料館、浦上天主堂、八千代座、通潤橋、水前寺公園、阿蘇山、阿蘇火山博物館、阿蘇カルデラ、阿蘇大観峰、肥後本妙寺、火の国祭り、頓写会、阿蘇草千里、二の丸公園、別府温泉、湯布院、桜島、西郷隆盛銅像、美ら海水族館、琉球村、首里城公園、ひめゆりの塔、平和記念公園、座間味島、那覇、国際通り、海軍壕、那覇空港、万座岬、ホエールウォッチング・・・などなどです。
わたくし村崎一徳は他にもどんどん行く予定です。
ただ、全部は回れないので、他の旅人さんの情報をまとめたこのサイトを作る事で全国を旅した気分になれるようなそんなまとめサイトを目指したいと思います。決して著作権を侵害する目邸ではありません。 できえば他のブロガーさんや旅人が足を運ばないような、あまり知られていないマイナーな場所にも足を運びたいと考えています。
個人的に今興味があるのは戦前、戦中の数少ない遺跡などが見たいと思います。そういうスポットでおすすめとろこなんていうのがあれば情報交換とかもしたいですね。そういう意味でもコメントなども随時受け付けています。村崎一徳と一緒に地方のマイナーなスポットを盛り上げましょうww
よろしくお願いします。

コメントは利用できません。

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング