出雲国造の本貫地意宇に坐す熊野大社~初夏出雲行(24)←(承前)




県道53号線を少し南へ進み、要害山を右手に山合へと入って行きます。
まだ朝陽の当たらない山々の森が、濃い新緑に静まっています。




八雲山(須賀山)の看板。
登山道入り口の目印です。

今回は頂上まで行ける時間の余裕がありませんので、須賀神社奥宮までの山行となります。




谷間に拓かれた水田。
まだ朝陽が届いていません。

空には八雲が躍っています。




登山口の右手に、水が流れ出していました。

有り難がって手水に使わせて頂きましたけれど、すぐ後で分かったのですが、この草むらの上にも水田がありましたから、この水は手水に使われない方がよろしいようです(苦笑)




絹のような雲が、朝陽に照らされていました。




看板に見入る2人。
サチエは寒いとのことで、膝掛けに身を包んでいます。




八雲山登山口。
「須佐之男命御岩座夫婦岩まで約四〇〇M」とあります。

杖にする竹もご用意頂けていますから、ありがたいことです。




Mさんを先頭に、登り始めました。
膝掛けにくるまれたサチエの姿が、どうにも異様です(笑)




程なくして「みそぎ場」があり、「神泉坂根水」が湧出しています。
これは不老長寿と銘打たれ、「この水で身を清め、元気を頂いて御参拝下さい」とあります。




「神泉坂根水」アップ。

水の湧き出し口が塩ビの水道管なのにはチョット残念な気持ちもありましたけれど、衛生上のメンテナンスを考えると、これはこれで質実剛健なのかとも思えます。




何か山姥のような様子のサチエ。
熊野大社で参拝している時から冷え込んでいましたから、まあ、仕方なかったんですけれど。

もし、誰か他の登山者などに出会ったら、さぞやギョッとされるのではと思っていましたが、幸い何方にもお会いしませんでした。




緑の中を進みます。




階段も整備されており、とても歩きやすい登山道です。
そのせいなのか、どうなのか、サチエが次第に杜と一体化していくようでした。




杉の林立する地面には、シダが群生しています。




木々の合間から、次第に空の明るくなって行く様子が伺えます。




杜の中へ潜むように佇む鳥居が見えて来ました。




素朴な鳥居の先には、丸太の階段が急勾配に築かれており、夫婦岩の近いことが感じられます。




この参道脇には歌碑が点々と設置され、ここが「和歌発祥の地」である由縁を示しています。




そして夫婦岩。

しかし、これは夫婦といいながら、磐座は大きさ違いで大中小の3種あり、大は父神、中は母神、小は子神かと思われますので、親子岩もしくは家族岩という感じです。


須我神社奥宮。

祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)
   奇稲田比売命(くしいなたひめのみこと)
   清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)


この長い名前の御子神である清之湯山主三名狭漏彦八島野命とは、別名が八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)であり、
『古事記』では大国主神の祖で、この神の五代孫が大国主神とあるが、 『先代旧事本紀』では、八島士奴美神のまたの名を大国主神、大己貴命とある
玄松子の記憶/祭神記/八島士奴美神
とのことです。


うんなん旅ネット/夫婦岩 須我神社の奥宮

うんなん旅ネット/夫婦岩 須我神社の奥宮/経路マップ




夫婦岩、アップ。
この最も大きい磐座には御幣が3つ、他の中と小の磐座には1つずつ立てられています。




夫婦岩とサチエ。
妙なほどに、馴染んでいます。




右下の最も小さな磐座の前に、納札箱と書かれた木箱があります。

私たちはこの時それが何のためあるのか知らないまま、後に須我神社で分かったことですが、「二宮詣で」という習わしがあるそうです。

須我神社では古来より本社と奥宮への二宮詣での習わしがあり、神社社務所で祈願札をお受けになって、奥宮の納札箱へ納めると、祈願札は一日、十五日に御祈願される
うんなん旅ネット/須我神社

ということですから、先に奥宮を参拝してしまった私たちには「二宮詣で」が出来ませんでしたので、残念なことでした(苦笑)




参拝を終えて山を下ります。
登山口まで、深い緑のトンネルが続いています。




鳥居の向こうで山姥になりきったサチエが、こちらを振り向きました。


次の機会には、ぜひこの八雲山山頂まで登ってみたいと思います。
中国地方の登山紀行 法師崎のやまある記/八雲山(やくもやま)島根県松江市


登山口まで戻ると、麓の里宮である須我神社へと向かいました。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~
人気ブログランキング / にほんブログ村 / FC2 Blog Ranking
" />

村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

八雲山に鎮まる須賀神社奥宮の夫婦岩~初夏出雲行(25)

2015.12.07

八雲山に鎮まる須賀神社奥宮の夫婦岩~初夏出雲行(25) はコメントを受け付けていません。


出雲国造の本貫地意宇に坐す熊野大社~初夏出雲行(24)←(承前)




県道53号線を少し南へ進み、要害山を右手に山合へと入って行きます。
まだ朝陽の当たらない山々の森が、濃い新緑に静まっています。




八雲山(須賀山)の看板。
登山道入り口の目印です。

今回は頂上まで行ける時間の余裕がありませんので、須賀神社奥宮までの山行となります。




谷間に拓かれた水田。
まだ朝陽が届いていません。

空には八雲が躍っています。




登山口の右手に、水が流れ出していました。

有り難がって手水に使わせて頂きましたけれど、すぐ後で分かったのですが、この草むらの上にも水田がありましたから、この水は手水に使われない方がよろしいようです(苦笑)




絹のような雲が、朝陽に照らされていました。




看板に見入る2人。
サチエは寒いとのことで、膝掛けに身を包んでいます。




八雲山登山口。
「須佐之男命御岩座夫婦岩まで約四〇〇M」とあります。

杖にする竹もご用意頂けていますから、ありがたいことです。




Mさんを先頭に、登り始めました。
膝掛けにくるまれたサチエの姿が、どうにも異様です(笑)




程なくして「みそぎ場」があり、「神泉坂根水」が湧出しています。
これは不老長寿と銘打たれ、「この水で身を清め、元気を頂いて御参拝下さい」とあります。




「神泉坂根水」アップ。

水の湧き出し口が塩ビの水道管なのにはチョット残念な気持ちもありましたけれど、衛生上のメンテナンスを考えると、これはこれで質実剛健なのかとも思えます。




何か山姥のような様子のサチエ。
熊野大社で参拝している時から冷え込んでいましたから、まあ、仕方なかったんですけれど。

もし、誰か他の登山者などに出会ったら、さぞやギョッとされるのではと思っていましたが、幸い何方にもお会いしませんでした。




緑の中を進みます。




階段も整備されており、とても歩きやすい登山道です。
そのせいなのか、どうなのか、サチエが次第に杜と一体化していくようでした。




杉の林立する地面には、シダが群生しています。




木々の合間から、次第に空の明るくなって行く様子が伺えます。




杜の中へ潜むように佇む鳥居が見えて来ました。




素朴な鳥居の先には、丸太の階段が急勾配に築かれており、夫婦岩の近いことが感じられます。




この参道脇には歌碑が点々と設置され、ここが「和歌発祥の地」である由縁を示しています。




そして夫婦岩。

しかし、これは夫婦といいながら、磐座は大きさ違いで大中小の3種あり、大は父神、中は母神、小は子神かと思われますので、親子岩もしくは家族岩という感じです。


須我神社奥宮。

祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)
   奇稲田比売命(くしいなたひめのみこと)
   清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)


この長い名前の御子神である清之湯山主三名狭漏彦八島野命とは、別名が八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)であり、
『古事記』では大国主神の祖で、この神の五代孫が大国主神とあるが、 『先代旧事本紀』では、八島士奴美神のまたの名を大国主神、大己貴命とある
玄松子の記憶/祭神記/八島士奴美神
とのことです。


うんなん旅ネット/夫婦岩 須我神社の奥宮





夫婦岩、アップ。
この最も大きい磐座には御幣が3つ、他の中と小の磐座には1つずつ立てられています。




夫婦岩とサチエ。
妙なほどに、馴染んでいます。




右下の最も小さな磐座の前に、納札箱と書かれた木箱があります。

私たちはこの時それが何のためあるのか知らないまま、後に須我神社で分かったことですが、「二宮詣で」という習わしがあるそうです。

須我神社では古来より本社と奥宮への二宮詣での習わしがあり、神社社務所で祈願札をお受けになって、奥宮の納札箱へ納めると、祈願札は一日、十五日に御祈願される
うんなん旅ネット/須我神社

ということですから、先に奥宮を参拝してしまった私たちには「二宮詣で」が出来ませんでしたので、残念なことでした(苦笑)




参拝を終えて山を下ります。
登山口まで、深い緑のトンネルが続いています。




鳥居の向こうで山姥になりきったサチエが、こちらを振り向きました。


次の機会には、ぜひこの八雲山山頂まで登ってみたいと思います。
中国地方の登山紀行 法師崎のやまある記/八雲山(やくもやま)島根県松江市


登山口まで戻ると、麓の里宮である須我神社へと向かいました。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~



村崎一徳について
わたくし村崎一徳は、
お寺やお城、神社、昔の住宅、教会、宮殿、寺院、修道院、御所、駅、駅舎、公園、庭園、空港、劇場、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場、ホテル・旅館、工場、下宿・寄宿舎、倉庫、博物館・美術館・図書館などの建造物や工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化財など歴史がある物が大好きなわたくし村崎一徳がデジカメ片手に全国を旅しながら写真を紹介しています。
古く歴史を感じることが大好きなわたくし村崎一徳は奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、戦国時代、江戸時代、幕末、明治時代、大正時代、昭和時代までいろいろな時代のものを散策しています。
北は北海道から南は沖縄まで色んな観光地を訪ねながら、風景や建造物の写真を紹介中です。主に関東圏をまわっていますが、お金と時間に余裕がある時は気合い入れて遠出しています。 これまで行った場所は・・・
函館の夜景、小樽運河、知床五湖、金森赤レンガ倉庫群、五稜郭跡、摩周湖、襟裳岬、札幌時計台、十和田湖、小岩井農場、盛岡、鳴子温泉、角館町 武家屋敷、全国花火競技大会、銀山温泉、川越「時の鐘」、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、靖国神社、秋葉原電気街、新宿御苑、明治神宮、昭和記念公園、三鷹の森ジブリ美術館、浅草寺、浅草周辺、葛西臨海水族園、東京国立博物館、恩賜上野動物園、上野東照宮、山形県最上郡の堺田分水嶺、東京タワー、東京スカイツリー、アメ屋横丁、横須賀三笠公園、戦艦三笠、横浜氷川丸、中華街、元町、上野東照宮、日光東照宮、鎌倉大仏、箱根関所跡、箱根登山鉄道、箱根海賊船、箱根湯本、小田原城、江戸城、小江戸川越、鶴岡八幡宮、鎌倉五山、善光寺、川中島古戦場、松本城、旧中山道、南木曽町、妻籠宿、馬籠宿、松本城、名古屋テレビ塔、東山動植物園、熱海温泉、伊東温泉、富士山、鹿苑寺(金閣寺)、三千院、慈照寺(銀閣寺)、八坂神社、大徳寺、南禅寺、祇園新橋、妻籠宿本陣、馬籠諏訪神社、戦艦陸奥、自由の女神、お台場、熊谷家住宅、建長寺、長谷寺、船の科学館、真如堂、知恩院、鞍馬寺、平安神宮、太秦映画村、清水寺、三十三間堂(蓮華王院)、東福寺、北野天満宮、産寧坂(三年坂)、龍安寺、妙心寺、渡月橋、二条城、京都タワー、教王護国寺(東寺)、伏見稲荷大社、宇治橋、平等院鳳凰堂、東大寺、奈良公園、興福寺、唐招提寺、法隆寺(斑鳩寺)、唐招提寺、原爆ドーム、厳島神社、岡山城、後楽園、瀬戸大橋、萩市、熊本城、本妙寺、細川刑部邸、岩国城、長門峡、関門橋、小倉城、スペースワールド、太宰府天満宮、博多どんたく、吉野ヶ里遺跡、唐津城 (舞鶴公園)、聖フランシスコザビエル記念聖堂、ハウステンボス、オランダ村、黒島天主堂、島原城、平和公園、グラバー園、長崎原爆資料館、浦上天主堂、八千代座、通潤橋、水前寺公園、阿蘇山、阿蘇火山博物館、阿蘇カルデラ、阿蘇大観峰、肥後本妙寺、火の国祭り、頓写会、阿蘇草千里、二の丸公園、別府温泉、湯布院、桜島、西郷隆盛銅像、美ら海水族館、琉球村、首里城公園、ひめゆりの塔、平和記念公園、座間味島、那覇、国際通り、海軍壕、那覇空港、万座岬、ホエールウォッチング・・・などなどです。
わたくし村崎一徳は他にもどんどん行く予定です。
ただ、全部は回れないので、他の旅人さんの情報をまとめたこのサイトを作る事で全国を旅した気分になれるようなそんなまとめサイトを目指したいと思います。決して著作権を侵害する目邸ではありません。 できえば他のブロガーさんや旅人が足を運ばないような、あまり知られていないマイナーな場所にも足を運びたいと考えています。
個人的に今興味があるのは戦前、戦中の数少ない遺跡などが見たいと思います。そういうスポットでおすすめとろこなんていうのがあれば情報交換とかもしたいですね。そういう意味でもコメントなども随時受け付けています。村崎一徳と一緒に地方のマイナーなスポットを盛り上げましょうww
よろしくお願いします。

コメントは利用できません。

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング