夕陽で朱に輝く日御碕神社は太極を現す~初夏出雲行(22)←(承前)




出雲日御碕灯台。

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.30mと日本一の高さを誇ります
外壁は松江市美保関町から硬質の石材を切り出して使用した美しい石造り。内壁はレンガ造りで施され、外壁と空間をあけた特殊な二重構造となっています
灯台の内部には163段のらせん階段があり、参観料200円で灯台上部の展望台へと上がることができます
出雲観光ガイド/出雲日御碕灯台

日御碕の突端に立ち、日本一の灯塔の高さを誇る石造灯台。周辺は、大山隠岐国立公園の一部となり、日本海を臨む景勝地。尚、碕の字がつく唯一の灯台でもある
世界灯台100選や日本の灯台50選に選ばれた日本を代表する灯台で、歴史的文化財的価値が高いため、Aランクの保存灯台となっている。また、全国に5箇所しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台でもある
Wikipedia/出雲日御碕灯台


詳しい事を何も知らないまま現地へ行き、そのままこの記事を書くまで、これほど立派な日本を代表する灯台とは知りませんでした~(苦笑)

それでも見た目カッコ良かったですから、ぜひ昇ってみたかったですけれど、もちろん、すでに閉館の時刻は過ぎています。

これも、次のお楽しみとなりました。




灯台前の遊歩道から。
これでもか、というくらいの堂々たる夕陽です。

Wikipedia/日御碕




夕陽と灯台。
露出を落とさないと、空が真っ白になって夕陽がなくなります(泣)




これは夏至近くなので、伊勢二見浦の夫婦岩から望む富士山から日の出した太陽です。
その太陽が、いま眼前にここ出雲の海へ沈もうとしています。



李相海/日本紀行/夫婦岩、日の出、富士山が一直線に 中日新聞で掲載



夏至の伊勢へ幾度も通った私たちにとって、これは感慨ひとしおの光景となりました。
やはり、太陽は最高の自然神だな~、と実感されます。


…そこで思いついたのは、いつも二見浦で朝陽を遙拝すると、午後に奥伊勢を出発して三輪へと移動し、桧原神社から夕陽を遙拝してきましたけれど、いつか一度くらい、伊勢から一気に出雲まで移動して、太陽と共に日御碕へ来てみるのもイイんではないか、ということです。

それこそ正真正銘、太陽の道ですし。
まあ車で7時間くらいですから、可能ですけれど(笑)




それほど立派な灯台だとはつゆ知らず、見た目のカッコ良さに惹かれて、記念撮影。
けれどポーズだけは、しっかりと立派さを表現しています。

サチエは小柄なゆえに、大きなものが大好きです。




もうひとつ、さらに記念撮影。
日御碕灯台を紹介するポーズ、とのこと。




太陽は少し降下して、色もオレンジがかって来ました。
露出は抑え気味に、太陽が見えるよう暗めで撮っています。




Mさん、渾身のVサイン。
カメラを向けると、いつもの仏頂面そのままだったので、笑うよう注文すると、このリアクションです。

これはこれで、お疲れもピークかと思われました(苦笑)




岩礁に砕ける波。
それでも多分、これで凪いでいるんだろうと思われます。




そしてMさんの背に、夕陽のラストショットです。

太陽が、あともう少しで水平線へと着水しますが、これにて移動することとしました。
夕陽は見ているとキリがなくなり、早い内に踏ん切らないと慣れない道で真っ暗になってしまいます。

皆が疲れていますから、ここは早々の出発にしておきました。
時刻は18:40です。




駐車場へ引き返す遊歩道の横、広がる草むらに、ヒルガオでしょうか?
淡いピンクに色づいて、元気に咲いていました。


あとご紹介しておきますと、日御崎へ行かれるなら↓こちらのサイトと地図が便利なようです。

てくてく山陰/日御碕


そうして夕暮れとなった駐車場から、玉造温泉へと向け出発しました。
そのほぼ1時間後、とっぷりと夜のとばりが降りた頃、無事にお宿へと到着します。

源泉掛け流しの宿 千代の湯ホームページ

チェックインを済ませ、そそくさと荷物を客室へ運び入れると、温泉旅館ですが着替えもしないまま早々に宿を飛び出し
夕食へと向かいます。




ようやくありつけた出雲の海鮮魚介。
長い胸ビレを広げているのは、トビウオです。

食べログ/若竹寿し

もちろん、宍道湖産の大きな蜆でシジミ汁も頂きました。
全てがとても美味しかったですけれど、中でも意外だったのは、地物のアナゴが驚くほどでした~\(^O^)

なお、この写真はサチエがスマホで撮ったもの。
私のカメラは、もとより宿に置いたままです(苦笑)


ということで、この後は宿に戻るとゆっくり温泉で疲れを癒やし、爆睡となりました。
翌朝は03:00過ぎに起床して、熊野大社へと出発します。



…ようやくこれにて、初夏出雲行2泊3日の1日目が終了しました~。
けど、たった1日分で、チョット連載が長過ぎるような?

初夏とタイトルしていながら、すでに明日から師走ですよね(泣)

まぁ、どうなることか分かりませんけれど、いったん始めてしまった事ですし、何とか完結まで頑張りたいと思います。

ただ、次回から更新が
少し不定期になるかも知れません。
ここまでをまとめるのに精一杯だったため、行程2
日目以降の準備が進んでいません…orz

そのようなことですが、今後ともボチボチよろしく、お付き合いくださいませ。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~
人気ブログランキング / にほんブログ村 / FC2 Blog Ranking
" />

村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

太陽は富士から伊勢を超え日御碕へと至る~初夏出雲行(23)

2015.11.30

太陽は富士から伊勢を超え日御碕へと至る~初夏出雲行(23) はコメントを受け付けていません。


夕陽で朱に輝く日御碕神社は太極を現す~初夏出雲行(22)←(承前)




出雲日御碕灯台。

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.30mと日本一の高さを誇ります
外壁は松江市美保関町から硬質の石材を切り出して使用した美しい石造り。内壁はレンガ造りで施され、外壁と空間をあけた特殊な二重構造となっています
灯台の内部には163段のらせん階段があり、参観料200円で灯台上部の展望台へと上がることができます
出雲観光ガイド/出雲日御碕灯台

日御碕の突端に立ち、日本一の灯塔の高さを誇る石造灯台。周辺は、大山隠岐国立公園の一部となり、日本海を臨む景勝地。尚、碕の字がつく唯一の灯台でもある
世界灯台100選や日本の灯台50選に選ばれた日本を代表する灯台で、歴史的文化財的価値が高いため、Aランクの保存灯台となっている。また、全国に5箇所しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台でもある
Wikipedia/出雲日御碕灯台


詳しい事を何も知らないまま現地へ行き、そのままこの記事を書くまで、これほど立派な日本を代表する灯台とは知りませんでした~(苦笑)

それでも見た目カッコ良かったですから、ぜひ昇ってみたかったですけれど、もちろん、すでに閉館の時刻は過ぎています。

これも、次のお楽しみとなりました。




灯台前の遊歩道から。
これでもか、というくらいの堂々たる夕陽です。

Wikipedia/日御碕




夕陽と灯台。
露出を落とさないと、空が真っ白になって夕陽がなくなります(泣)




これは夏至近くなので、伊勢二見浦の夫婦岩から望む富士山から日の出した太陽です。
その太陽が、いま眼前にここ出雲の海へ沈もうとしています。






夏至の伊勢へ幾度も通った私たちにとって、これは感慨ひとしおの光景となりました。
やはり、太陽は最高の自然神だな~、と実感されます。


…そこで思いついたのは、いつも二見浦で朝陽を遙拝すると、午後に奥伊勢を出発して三輪へと移動し、桧原神社から夕陽を遙拝してきましたけれど、いつか一度くらい、伊勢から一気に出雲まで移動して、太陽と共に日御碕へ来てみるのもイイんではないか、ということです。

それこそ正真正銘、太陽の道ですし。
まあ車で7時間くらいですから、可能ですけれど(笑)




それほど立派な灯台だとはつゆ知らず、見た目のカッコ良さに惹かれて、記念撮影。
けれどポーズだけは、しっかりと立派さを表現しています。

サチエは小柄なゆえに、大きなものが大好きです。




もうひとつ、さらに記念撮影。
日御碕灯台を紹介するポーズ、とのこと。




太陽は少し降下して、色もオレンジがかって来ました。
露出は抑え気味に、太陽が見えるよう暗めで撮っています。




Mさん、渾身のVサイン。
カメラを向けると、いつもの仏頂面そのままだったので、笑うよう注文すると、このリアクションです。

これはこれで、お疲れもピークかと思われました(苦笑)




岩礁に砕ける波。
それでも多分、これで凪いでいるんだろうと思われます。




そしてMさんの背に、夕陽のラストショットです。

太陽が、あともう少しで水平線へと着水しますが、これにて移動することとしました。
夕陽は見ているとキリがなくなり、早い内に踏ん切らないと慣れない道で真っ暗になってしまいます。

皆が疲れていますから、ここは早々の出発にしておきました。
時刻は18:40です。




駐車場へ引き返す遊歩道の横、広がる草むらに、ヒルガオでしょうか?
淡いピンクに色づいて、元気に咲いていました。


あとご紹介しておきますと、日御崎へ行かれるなら↓こちらのサイトと地図が便利なようです。



そうして夕暮れとなった駐車場から、玉造温泉へと向け出発しました。
そのほぼ1時間後、とっぷりと夜のとばりが降りた頃、無事にお宿へと到着します。

源泉掛け流しの宿 千代の湯ホームページ

チェックインを済ませ、そそくさと荷物を客室へ運び入れると、温泉旅館ですが着替えもしないまま早々に宿を飛び出し
夕食へと向かいます。




ようやくありつけた出雲の海鮮魚介。
長い胸ビレを広げているのは、トビウオです。

食べログ/若竹寿し

もちろん、宍道湖産の大きな蜆でシジミ汁も頂きました。
全てがとても美味しかったですけれど、中でも意外だったのは、地物のアナゴが驚くほどでした~\(^O^)

なお、この写真はサチエがスマホで撮ったもの。
私のカメラは、もとより宿に置いたままです(苦笑)


ということで、この後は宿に戻るとゆっくり温泉で疲れを癒やし、爆睡となりました。
翌朝は03:00過ぎに起床して、熊野大社へと出発します。



…ようやくこれにて、初夏出雲行2泊3日の1日目が終了しました~。
けど、たった1日分で、チョット連載が長過ぎるような?

初夏とタイトルしていながら、すでに明日から師走ですよね(泣)

まぁ、どうなることか分かりませんけれど、いったん始めてしまった事ですし、何とか完結まで頑張りたいと思います。

ただ、次回から更新が
少し不定期になるかも知れません。
ここまでをまとめるのに精一杯だったため、行程2
日目以降の準備が進んでいません…orz

そのようなことですが、今後ともボチボチよろしく、お付き合いくださいませ。



(つづく)




~いつも応援ありがとうございます~



村崎一徳について
わたくし村崎一徳は、
お寺やお城、神社、昔の住宅、教会、宮殿、寺院、修道院、御所、駅、駅舎、公園、庭園、空港、劇場、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場、ホテル・旅館、工場、下宿・寄宿舎、倉庫、博物館・美術館・図書館などの建造物や工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化財など歴史がある物が大好きなわたくし村崎一徳がデジカメ片手に全国を旅しながら写真を紹介しています。
古く歴史を感じることが大好きなわたくし村崎一徳は奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、戦国時代、江戸時代、幕末、明治時代、大正時代、昭和時代までいろいろな時代のものを散策しています。
北は北海道から南は沖縄まで色んな観光地を訪ねながら、風景や建造物の写真を紹介中です。主に関東圏をまわっていますが、お金と時間に余裕がある時は気合い入れて遠出しています。 これまで行った場所は・・・
函館の夜景、小樽運河、知床五湖、金森赤レンガ倉庫群、五稜郭跡、摩周湖、襟裳岬、札幌時計台、十和田湖、小岩井農場、盛岡、鳴子温泉、角館町 武家屋敷、全国花火競技大会、銀山温泉、川越「時の鐘」、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、靖国神社、秋葉原電気街、新宿御苑、明治神宮、昭和記念公園、三鷹の森ジブリ美術館、浅草寺、浅草周辺、葛西臨海水族園、東京国立博物館、恩賜上野動物園、上野東照宮、山形県最上郡の堺田分水嶺、東京タワー、東京スカイツリー、アメ屋横丁、横須賀三笠公園、戦艦三笠、横浜氷川丸、中華街、元町、上野東照宮、日光東照宮、鎌倉大仏、箱根関所跡、箱根登山鉄道、箱根海賊船、箱根湯本、小田原城、江戸城、小江戸川越、鶴岡八幡宮、鎌倉五山、善光寺、川中島古戦場、松本城、旧中山道、南木曽町、妻籠宿、馬籠宿、松本城、名古屋テレビ塔、東山動植物園、熱海温泉、伊東温泉、富士山、鹿苑寺(金閣寺)、三千院、慈照寺(銀閣寺)、八坂神社、大徳寺、南禅寺、祇園新橋、妻籠宿本陣、馬籠諏訪神社、戦艦陸奥、自由の女神、お台場、熊谷家住宅、建長寺、長谷寺、船の科学館、真如堂、知恩院、鞍馬寺、平安神宮、太秦映画村、清水寺、三十三間堂(蓮華王院)、東福寺、北野天満宮、産寧坂(三年坂)、龍安寺、妙心寺、渡月橋、二条城、京都タワー、教王護国寺(東寺)、伏見稲荷大社、宇治橋、平等院鳳凰堂、東大寺、奈良公園、興福寺、唐招提寺、法隆寺(斑鳩寺)、唐招提寺、原爆ドーム、厳島神社、岡山城、後楽園、瀬戸大橋、萩市、熊本城、本妙寺、細川刑部邸、岩国城、長門峡、関門橋、小倉城、スペースワールド、太宰府天満宮、博多どんたく、吉野ヶ里遺跡、唐津城 (舞鶴公園)、聖フランシスコザビエル記念聖堂、ハウステンボス、オランダ村、黒島天主堂、島原城、平和公園、グラバー園、長崎原爆資料館、浦上天主堂、八千代座、通潤橋、水前寺公園、阿蘇山、阿蘇火山博物館、阿蘇カルデラ、阿蘇大観峰、肥後本妙寺、火の国祭り、頓写会、阿蘇草千里、二の丸公園、別府温泉、湯布院、桜島、西郷隆盛銅像、美ら海水族館、琉球村、首里城公園、ひめゆりの塔、平和記念公園、座間味島、那覇、国際通り、海軍壕、那覇空港、万座岬、ホエールウォッチング・・・などなどです。
わたくし村崎一徳は他にもどんどん行く予定です。
ただ、全部は回れないので、他の旅人さんの情報をまとめたこのサイトを作る事で全国を旅した気分になれるようなそんなまとめサイトを目指したいと思います。決して著作権を侵害する目邸ではありません。 できえば他のブロガーさんや旅人が足を運ばないような、あまり知られていないマイナーな場所にも足を運びたいと考えています。
個人的に今興味があるのは戦前、戦中の数少ない遺跡などが見たいと思います。そういうスポットでおすすめとろこなんていうのがあれば情報交換とかもしたいですね。そういう意味でもコメントなども随時受け付けています。村崎一徳と一緒に地方のマイナーなスポットを盛り上げましょうww
よろしくお願いします。

コメントは利用できません。

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング