村崎一徳による神社、お寺、お城などの写真や風景写真など旅行写真まとめ

カテゴリー:京都府

薬師寺

私、村崎一徳は、奈良で一番多く訪れた寺院は東大寺かな。まぁ確かに一番有名ですしね。、二番目は今回紹介する薬師寺です。 というわけで、私、村崎一徳また来ましたw 70年代後半の金堂の再建から、続々と伽藍が建立されて…

詳細を見る

唐招提寺

2017.08.11

コメントを書く

こんばんは、村崎一徳です。 唐招提寺は、鑑真が建立した寺院で南都六宗の一つである律宗の総本山で、本尊は廬舎那仏、開基は鑑真です。 井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を…

詳細を見る

南禅寺最勝院高徳庵(京都左京区)村崎一徳

2016.12.23

コメントを書く

「最勝院」と名のつく寺院は日本全国に複数存在しますが、どれも塔頭と呼ばれる小院規模がほとんどです。今回紹介する「最勝院高徳庵」も南禅寺の最奥にひっそりとたたずむ歴史ある塔頭です。本堂前の庭園は非常に綺麗に手入れさ…

詳細を見る

六波羅蜜寺 追儺式 『六波羅蜜寺に表れた土蜘蛛の正体は平将門だった?』

2016.02.05

六波羅蜜寺 追儺式 『六波羅蜜寺に表れた土蜘蛛の正体は平将門だった?』 はコメントを受け付けていません。

京都市東山区 六波羅蜜寺追儺式・・・2月3日 急用ですが、たくさんの人が手伝ってくれたので思ったより早く片づけることができました。(ありがとうございます!)頑張ってブログ更新したいと思います~♪ 六波羅蜜寺の本堂に土蜘蛛が登場…

詳細を見る

六波羅蜜寺 追儺式 『六波羅蜜寺に表れた土蜘蛛の正体は平将門だった?』※書き直しました。

2016.02.05

六波羅蜜寺 追儺式 『六波羅蜜寺に表れた土蜘蛛の正体は平将門だった?』※書き直しました。 はコメントを受け付けていません。

京都市東山区 六波羅蜜寺追儺式・・・2月3日 急用ですが、たくさんの人が手伝ってくれたので思ったより早く片づけることができました。(ありがとうございます!)頑張ってブログ更新したいと思います~♪※文章がわかりにくかったので書き直しました…

詳細を見る

神光院 柿 『きゅうりとスサノオの関係』 

2015.12.31

神光院 柿 『きゅうりとスサノオの関係』  はコメントを受け付けていません。

京都市北区 神光院2014年12月17日 撮影神光院にしか咲かない珍しい山茶花があると聞いたので行ってみたのですが、咲いていませんでした~。そのかわり、門前の柿の実がきれいでした。 神光院では7月21日と土用の丑の日に弘法大師’(空海)…

詳細を見る

京都駅ビル クリスマスイルミネーション2015 『双子のトリック』

2015.12.23

京都駅ビル クリスマスイルミネーション2015 『双子のトリック』 はコメントを受け付けていません。

京都駅ビル クリスマスイルミネーション2015  ここのイルミネーションはいつも楽しいです。夏の祇園祭イルミネーションは感動的でした! 京都駅ビル 祇園祭イルミネーション 『祇園祭とノアの方舟2』 …

詳細を見る

渡月橋 法輪寺 ライトアップ 『小野小町は男だった?』

2015.12.20

渡月橋 法輪寺 ライトアップ 『小野小町は男だった?』 はコメントを受け付けていません。

法輪寺・・・京都市西京区嵐山花灯路・・・12月11日~12月20日  ライトアップされた渡月橋。とても幻想的でした。橋の向う側には法輪寺の多宝塔が見えています。  「デジタル掛け軸」というそうで、…

詳細を見る

興聖寺 紅葉 『道元と聖徳太子』

2015.12.10

興聖寺 紅葉 『道元と聖徳太子』 はコメントを受け付けていません。

京都府宇治市 興聖寺2015年12月3日 撮影 興聖寺は1229年ごろ、道元によって開かれたお寺です。道元には次のような伝説があります。道元は子供のころ、藤原氏の馬宿に捨てられて泣いていました。その泣き声が、読経のように聞こえ…

詳細を見る

楊谷寺 紅葉 『心の目を開いた子猿』

2015.12.02

楊谷寺 紅葉 『心の目を開いた子猿』 はコメントを受け付けていません。

京都府長岡京市 楊谷寺(ようこくじ)2010年11月23日 撮影楊谷寺は清水寺の開祖・延鎮が806年に開いたと伝わります。延鎮が清水寺に戻ったあと、811年(大同元年)、乙訓寺の別当だった空海が揚谷寺を参詣しました。親猿が子猿の目を洗う…

詳細を見る

渡月橋 紅葉 『ツクヨミの物語と朝鮮語の語呂合わせ』

2015.11.30

渡月橋 紅葉 『ツクヨミの物語と朝鮮語の語呂合わせ』 はコメントを受け付けていません。

京都市右京区 渡月橋 2007年 12月2日 撮影 渡月橋という名前は亀山上皇(1249-1305)が橋の上を動いていく月を見て「くまなき月の渡るに似る」とおっしゃられたところから名付けられたそうです。「くまなき(隈無き)」と…

詳細を見る

西本願寺 イチョウ『西本願寺獅子口と蘇利子』

2015.11.26

西本願寺 イチョウ『西本願寺獅子口と蘇利子』 はコメントを受け付けていません。

京都市下京区 西本願寺2009年12月7日 撮影  西本願寺の獅子口です。高さ2m、幅1.8m、奥行き1.6mという巨大なものなのだそうです。獅子口とは鬼瓦に相当するところに据える箱型の屋根の装飾で、頂上に「経の巻」…

詳細を見る

海住山寺 紅葉 『天然痘と大仏建立』

2015.11.24

海住山寺 紅葉 『天然痘と大仏建立』 はコメントを受け付けていません。

京都府木津川市 海住山寺2015年11月22日 撮影 海住山寺にはこんな伝説が伝わっています。聖武天皇は夢の中で次のような声を聴きました。「平城京の鬼門にあたる土地に寺を建立すれば東大寺大仏が無事完成するだろう。」と。そこで聖武天皇は7…

詳細を見る

叡山電車 紅葉 ライトアップ 『二ノ瀬 は 丹の瀬?』

2015.11.22

叡山電車 紅葉 ライトアップ 『二ノ瀬 は 丹の瀬?』 はコメントを受け付けていません。

貴船もみじ灯篭 http://momiji-tourou.xii.jp/2015年11月21日 撮影 ↑ 貴船駅。貴船神社もライトアップしているのですが、貴船神社の紅葉は見頃過ぎということなので今回は行きませんでした。 以前I…

詳細を見る

養源院 紅葉 『血のついた床を天井にしたのはなぜ?』

2015.11.16

養源院 紅葉 『血のついた床を天井にしたのはなぜ?』 はコメントを受け付けていません。

養源院 紅葉撮影 2009年11月15日 前回、法住寺の身代わり不動明王大祭について書きましたが、養源院はその隣(北)にあります。養源院は1594年に豊臣秀吉の側室・淀殿の父・浅井長政と、祖父・浅井久政の二十一回忌を供養するために豊臣秀…

詳細を見る

法住寺 身代わり不動尊大祭 『後白河法皇の身代わりになった明雲』

2015.11.14

法住寺 身代わり不動尊大祭 『後白河法皇の身代わりになった明雲』 はコメントを受け付けていません。

京都府東山区 法住寺 身代わり不動尊大祭 http://hojyuji.jp/news/742/2009年11月15日 撮影 法住寺には円仁(794-864/第3代天台座主)が造立したと伝わる不動明王像があります。この不動明王…

詳細を見る

岩戸落葉神社 紅葉 『冬至に関係する神社』

2015.11.12

岩戸落葉神社 紅葉 『冬至に関係する神社』 はコメントを受け付けていません。

京都府北区小野中ノ町 岩戸落葉神社 撮影 2015年11月8日 見事なイチョウの巨木!黄色い絨毯をしきつめたかのような境内のなんて美しいこと!さらに岩戸落葉神社という神社名にも「おおーー」とうなってしまいました。なんでかって?岩戸落葉神…

詳細を見る

即成院

2015.11.08

即成院 はコメントを受け付けていません。

京都市東山区 即成院2009年11月15日撮影 即成院には中央の阿弥陀如来を取り囲むように二十五菩薩が安置されているのですが、数を数えてみると菩薩が26体あります。阿弥陀如来を入れると27体です。あれっ?1体多い?実は、二十五菩薩とは、…

詳細を見る

即成院 『世間・出世間のご利益を与えて下さる観音さま』

2015.11.08

即成院 『世間・出世間のご利益を与えて下さる観音さま』 はコメントを受け付けていません。

京都市東山区 即成院2009年11月15日撮影 即成院には中央の阿弥陀如来を取り囲むように二十五菩薩が安置されているのですが、数を数えてみると菩薩が26体あります。阿弥陀如来を入れると27体です。あれっ?1体多い?実は、二十五菩薩とは、…

詳細を見る

即成院 紅葉 『世間・出世間のご利益を与えて下さる観音さま』

2015.11.08

即成院 紅葉 『世間・出世間のご利益を与えて下さる観音さま』 はコメントを受け付けていません。

京都市東山区 即成院2009年11月15日撮影 即成院には中央の阿弥陀如来を取り囲むように二十五菩薩が安置されているのですが、数を数えてみると菩薩が26体あります。阿弥陀如来を入れると27体です。あれっ?1体多い?実は、二十五菩薩とは、…

詳細を見る

伏見桃山城 夕景と月 『不老不死の城』

2015.10.26

伏見桃山城 夕景と月 『不老不死の城』 はコメントを受け付けていません。

伏見桃山城の夕暮れ 昭和39年に伏見桃山城キャッスルランドという遊園地に造られた鉄筋コンクリート造の模擬天守です。キャッスルランドは2001年に閉園しましたが、模擬天守は伏見のシンボルとしてここに残されています。 な…

詳細を見る

清凉寺 浅い紅葉 『清和天皇はなぜ断食修行をしたのか』

2015.10.12

清凉寺 浅い紅葉 『清和天皇はなぜ断食修行をしたのか』 はコメントを受け付けていません。

前回ご紹介した泉尾の里です。 泉尾の里には清和天皇の陵があります。藤袴のお花畑からちょっと距離があったので参拝しなかったんですが~(根性なし)そのため清和天皇は泉尾天皇とも呼ばれています。清和天皇は文徳天皇の第4皇子で、母親は…

詳細を見る

水尾の里 藤袴とアサギマダラ 『かわひらこ(蝶)は死者の魂を表す?』

2015.10.08

水尾の里 藤袴とアサギマダラ 『かわひらこ(蝶)は死者の魂を表す?』 はコメントを受け付けていません。

車は嵯峨野鳥居本から暗くて細い山道に入ります。途中、保津川を横切ります。ここから水尾へ行くバスも出ています。 さらに走っていくと水尾の里があります。集落の入り口にある駐車場に車をとめて歩いていくと、藤袴のお花畑が。これだけでも感動もんな…

詳細を見る

美山 かやぶきの里 蕎麦 はざかけ 『茅葺のルーツは竪穴式住居?』

2015.09.26

美山 かやぶきの里 蕎麦 はざかけ 『茅葺のルーツは竪穴式住居?』 はコメントを受け付けていません。

2015年9月22日撮影の美山かやぶきの里です。 蕎麦の白い花が満開でまるで雪が降ったかのよう~。 稲や麦の茎は吸水性がありますが、萱(チガヤ、スゲ、ススキなど)の茎には油分があって耐水性に優れています。そのため屋根材として用…

詳細を見る

当サイトについて

日本国内の寺院や神社、お城、歴史建造物などの名所巡り、撮り鉄、乗り鉄などの情報ブログなどのまとめサイトです。

当サイトについての詳細

管理人についての詳細

オリジナルカテゴリー

フォト蔵

村崎一徳のコンデジ旅行日記

RSS Feed Widget

Twitter

動画

アクセスランキング